商品づくりへのこだわり Create

「ベルギーチョコレート」と他のチョコレートの違い

素材?味?カカオの種類? いえいえ。実は、作り方に違いがあります。
ベルギーの伝統的なチョコレートは、独特の製法で作られています。
まず、ひとつひとつのモールド(流し型)にチョコレートを流し込んで形(シェル)をつくった後、中に詰め物をし、さらに底となる部分にチョコレートを流して封じ込めて、最後に型から抜く、という手法で作られます。まわりのチョコレートが厚く、どっしりとした一口大の「プラリネチョコレート」です。
ヴィタメールの「ショコラ・ド・ヴィタメール」は、主に、このようなベルギーで培われたチョコレートの技術を用いて作られています。
生チョコ、トリュフ・・・さまざまなチョコレートがありますが、「ベルギーチョコレート」と言えるのは、この特徴を持つものなのです。

「ベルギーチョコレート」と他のチョコレートの違い


味へのこだわり

ヴィタメールジャポンでは、本国の伝統的なモールドや味わいのラインナップに加え、日本のお客様にもより愛されるような、日本限定のオリジナルチョコレートも提供しています。
四季を彩る素材や、イベントを演出するものなど、日本ならではの季節感・贈り物の礼儀や気持ちにフィットする商品をお届けしています。
日本オリジナル商品も、本国ベルギー本店の信頼を得て、本国の思いはそのままに作られた商品ばかりです。
日本とベルギー。離れた国同士ですが、伝統を大切にしつつ、新しいチャレンジをお互いに応援し合う気持ちが、根底でつながっています。

味へのこだわり